スリリングジョーク

キャラクターによって有効


スリリングジョークというのは、読んで
字のごとくですが、スリリングなジョークのことです。


使 う人のキャラクターによって有効な場合と
そうでない場合が考えられます。


非常にリスキーなケースも考えられますし、
何度も使うと逆効果になりますので、
ご くごくたまに使ってみるのは良いかも知れません。


使い方は、「もし○○なら、××になるぞ」と
脅し文句を言い、 「なんてね」とか 「ってのは、ウソでした」
などと冗談にしてしまいます。


日頃から怖いキャラクターの人間が
スリリングジョークを使うと違和感がありませんか?


優しい上司の キャラクターなら、
スリリングジョークも良いかも知れません。


目上の女性から部下などに言う のも有りかと思いますが、
目上の人に使ったら、本気で怒らせて しまう可能性が高いです。


スリリングジョークを使った場合、
後で冗談だよとネタバレしても、
「本当は、そんな風に思っていたのか」と
誤解されてしまうこと も多いでしょう。


実際に、後で冗談だよと言う人の話って、
本当は冗談では無く先に言った毒舌が本当で、
それを打ち消すために冗談めかしていると
感じるこ とって結構ありますよね。


スリリングジョークを使うのはくれぐれも注意してください。


会話術

サービス会社で比較する