シャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイス

相手 が要求を呑む


話術のなかで
シャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイスというものがあります。


シャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイスは、
相手に対して初めは難しい要求をしていきます。

相手は要求を呑めないので断ります。


その後、最初よりも受け入れやすい要求をするのです。


そうすると相 手は、その要求を呑む事が多いのです。


シャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイスは、
要求をする側が譲歩したという ような感覚
相手に抱かせるようです。


それで、よりやりやすい事柄を頼まれた時に、
安易に受けてしまうということです。


譲歩してくれたので、その見返りに受けるという形です。


営業でもシャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイスを
用いることができます。


最初は、断られるのを覚悟で高いものを勧めて、
当然無理ということで、次により 手が出やすいものを
勧めるというやり方です。


シャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイスですと、
最初から、2番目の商品を勧めるよりも、
2段階に勧めることで、より高 い確率で
購入してもらえます。


日常生活でもシャット・ザ・ドア・イン・ザ・フェイスを
上手に取り入れることができます。


会話術

サービス会社で比較する