両面提示

胡散 臭く感じられる


商品を販売するときに、その商品のメリットばかりを
説明して欠点を隠して片面提示をするよりも、
商品の短 所や欠点も含めて説明する両面提示の方が、
心理学的にお客様の心が動かされやすいというのを
ご存知でしょうか?


確かに、ただ長所やメリットばかりの広告 は、
なんだか胡 散臭く感じられる場合が多いですよね。


それに比べて、短所やデメリットまで提示されていれば、
警戒心が薄れて、なんだか信用できそうな気が してきますよね。


こうしたちょっ とした表現の違いで、
売 上が変わってきたりするんです。


あなたがもしも何かを販売しているなら、
ぜひこの方法を試してみて ください。


商品のメリットばかりを並べていたら、
それはただの押し売りになってしまいます。


商品のデメリットまで公表することは、
お客様に対しての誠意に もつながりますよね。


ということは、デメリットまでを両面提示することは、
一見売れなくなるのではないかというデメリットのように
思えますが、最終的には メリットにつながるということが、
きっとわかるはずです。


これは商品販売のみならず、様 々な状況でも使えます


そして、大いに活用していただきたいです。

なぜなら、それが最後には自分のメリットとして
返ってくることがほとんどだからです。


会話術

サービス会社で比較する