キャバクラの話術

自己顕示欲の塊


キャバクラの話術について考えます。


まず、一般的な考え方で行くと、キャバクラ嬢は、
すごく容姿が良い子 が特にすごい話をしなくても
指名がもらえてニコニコしてお客さんの話を
聞いているだけでお金が沢山もらえるのかな
と思っていました。


実際は、客層にもよる のかも知れませんが、
相手を楽しませる話術が必要な ようです。


自分から情報を発信して相手を楽しませるテクニックが
必要で、常に色んな情報にアンテナを張 り巡らせて
楽しいことに対する嗅覚を養うこ とです。


相手が何か話してくるのを待っていてはいけません。


キャバクラ嬢は、自分から積極的に話しかけて
話題を 膨らませます。


冗談を言ったり、ツッコミを入れたりと
楽しく会話することが必要です。


相手によっては、甘え上手になることも必要です。


色恋営業とでも言う のでしょうか。


キャバクラは疑似恋愛を楽しむ場所なので、
ウソも方便が 当てはまります。


普段、お世辞にも「カッコいい」とは言われない
であろう相手にも 「カッコいい」、「素敵」などと
言って気持ちよくさせます。


「あなたがいないとダメなの」などと、
相手を必要としているのをアピールする
のも有効です。


男 性は自己顕示欲の塊のような人が多く、
頼られたり、尊敬されることが大好きなので有効に使いましょう。


会話術

サービス会社で比較する