接客での話術

自然と好かれる話術


接客での話術についてです。


私も最近、携帯電話を買い替える際に、
接客してくれた人の話術が上手でいい気分に なり、
つ い、オプションまで購入してしまいました。


このように相手の気持ちも良くしつつ、
バッチリ契約を取る方法があります。


それは、真摯な接客をしつつ も合間、
合間に相手のことをさりげなく褒めたり、
共感して見せることです。


私は子連れでお店に行ったのですが、
接客する側もお子さんがいるようで、
子供の 話になりました。


共感できることがあると、客は親 近感を
持ってつい、気を許してしまうも のです。


他は、否定せずに肯定することです。


客の言ったことを決し て否定したり、
無言で笑ってごまかしたりしてはいけません。


「なにか悪いこと言ったかな?」と
客は引いてしまいます。


少し大げさでも、
「そうなんですよ ねー。分かります。」と頷い
て見せたりすると、共感する気持ちが芽生えて
良い方向に進みます。


お客さんの気持ちを無視して
話し続けるのはいけません。


客の 出かたを察知したり、話をよく聞くことが大切です。


時々、客である自分が聞きたくないようなことを
延々と話し続ける販売員がいますが、「このお店は
好きな んだけど、あの店員につかまるのは嫌だな」と
さえ思われてしまいます。


客の立場で考えて接客すれば、
自 然と好かれる話術が出てくると思います。


会話術

サービス会社で比較する