トップセールスマンの話術

人間関係で飛び抜ける


私の勤務する営業会社には、
およそ300名弱の営業マンがいます。


その中でも、毎月のように売り 上げが
ナンバーワンの営業マンが私の 直属の上司です。


とてもリスペクトしていますし、
同行営業させてもらったり、いつも、
営業ノウハウについて教えても らっています。


私の上司がトップセールスマンであるのは、
意外な話術で した。


まず、仕事の話はほとんどしない、
パンフレットすら見せたことが無い顧客が
多 いとのことです。


普段、世間話ばかりをして、最 後の5分位
仕事の話をチョコチョコするだ けで終わりなそうです。


その上司の話に私は度肝を抜かれましたが、
そこにトップセールスマンの話術のヒントがありました。


上司は、人間関係を作ることが
一番大切だと言っていました。

確かにそうですよね。


同業他社も同じよ うな商品を同じような金額で
売っているわけですから、人間関係で
飛 び抜けていた方が断然有利に決まっています。


私が顧客だったとしても、あまり気の合わな い
営業マンやわけのわからない営業マンより、
いつも楽しく会話をして親しくなった営業マンに
注文したいと思います。


上司はその方法で、平均価格が 5〜6万 円程度の
商品を月に1000万以上も売 り上げますし、
他の営業マンが朝一から夜まで外回りを
しているのにもかかわらず、電話を取るだけの
毎日で沢山の注文 を受けるようになりました。


その上司は、あまり型にはまった
堅苦しいだけの話術では限界があると教えてくれました。


会話術

サービス会社で比較する