営業マンの話術

テクニックを学んでも
人柄勝負で負けてしまう


営業マンの話術で大切なのは、
お客様の気持ちを引き出すことで す。


営業マンという仕事に初めて取り組む場 合、
「自分は口下手だから上手く話せないかもしれない」
と不安に思う人もいるかも知れませんが、
意外と饒舌な人より成績優秀になることも多いです。


営業マ ンは、喋り過ぎては、大切な
クライアントの考えをくみ取ることが出来ません。


自分が頭にインプットしている自社の商品情報を
ベ ラベラと話して、お客様に話 す隙を与えないと、
いつまで経っても契約に至らないという事態に
なってしまうことも考えられます。


饒舌では無くてもいいので、
相手の気持ちをきちんとヒア リングできる
営業マンが良い営業マンで す。


時には、不器用で口下手な営業マンの方が
好かれる場合もあります。


あまり饒舌でお世辞がうまい人は、
信用できな いけれど、朴訥としたあなたなら
信用できますという風に、いくらテクニックを学んでも
人 柄勝負で負けてしまうこともあります。


営業に関するセミナーを聴い たり、
書籍を読んだりして勉強して基本や応用を
学ぶことはとても大切ですが、一番は、
お客様の要望を聞きだして役に立てる
営業マンになることだと思いま す。


会話術

サービス会社で比較する