相手を説得する話術

相手との信頼関係


相手を説得する話術は、
営業職に従事する場合に多く使われます。

また、時には恋人や夫婦の話し合いなど
にも使われることもあるでしょう。


相手を説得する話術とは、一体、どんなことでしょうか。


相手を説得しようと思う場合、
話の起承転結を考えておく必 要があ ります。


話の筋道が通らずに、あいまいだったりすると、
相手を説得するのは無理でしょう。

営業の場合は、相手のタイプや 要望に合わせて
他を使うよりずっ と有利なのでこんなにお勧めしていますと、
相手にメリットがあることを伝えます。


逆に説得している態度が見えても、
全く従う気にならない場合があります。


話の筋道がよく分からなかったり、
何を説明しているのかすら話が
見えない場合があります。


この場合、ほ とんどの確率で逃げられます。


普段から、相手との関 係を良くしておくのは、
基本です。


人間関係があれば、説得するのは、
比較的容易です。


自分より人間関係のできている営業マンが
他にいる場合、なかなか説得 するのは
難しいかも知れません。


相手を説得する話術は、
相手との信頼関係が あってこそ有効です。


初めて会った場合も、
説得に入る前に自分を信頼してもらえ るように
相手の話をよく聞いたり、楽しい会話をして
相手を和ませてから説得に入ると良いでしょう。


自分が好感を持っている相手の説得は断りにくいはずで す。


会話術

サービス会社で比較する