ユーモアのある話術

人と人をつなぐ潤滑油


ユーモアのある話術とは、どんなものでしょうか。


ユーモアのある話をすることで、人と関わる上で
大切な コミュニケーションが取れます。


ユーモアのある話術は、人 と人をつなぐ
潤 滑油のようなものです。


ユーモアとは、年齢により大きなギャップがあります。


年配 の教師が冗談を言っているつもりでも、
若い層には、まったく意味が分からない話だったりします。


アメリカ人に多い、ブラックジョークは、
好き嫌いが分かれ るところです。


同じ感性の人たちで話している分には、
良いのですが、あまり知らない人にブラックユーモアだけを
使っていると、誤解されたり、ドン引きされ て最悪の場合、
嫌われてしまう可能性もありま す


ユーモアのセンスは、
磨いていないと全く養われませ ん。


時々、大阪のおばちゃんがテレビに
街頭インタ ビューで映っていたりしますが、
ヤラセでも何でもなくユーモアのセンスが
非常に高いです。


大阪という場所柄、日頃から
ユーモアのセンスがある人たち に囲ま れて
暮らしているの で、自然にユーモアのある話術が
培われたのでしょう。


大阪の人に聞くと、ユーモアのあることが言えるか、
言えないかは、大阪に暮らすた めには、死活問題でもあるようです。



サービス会社で比較する