交渉に使える話術

主導権がどちらに渡るか


交渉に使える話術ですが、交渉は言わば
心理戦ですから、駆け引きが重 要になりますね。


ただ生真面目なだけ では交渉はうまくいきません。


時には賢さを出さないと交渉のような心理戦には
なかなか勝てないものです。


まずは、相手を褒めましょう。


褒め過ぎでわざとら しいと思ったとしても
褒められて嬉しくない人はいません。


褒められるとつい、気が大きくなってしまうのが
人間の心理です。


会話と言うのは、営業とお客様な どの
全く違う立場でも相手の性格によって
主導権がどちらに渡るかが 変わって来ます。


相手が気が付かないうちに主導権を握ることが
交渉を有利に進めるコツで す。


これは、自分が売る側でも買う側でも
使える話術です。


価格交渉をする際は、最初から
狙っている金額を言うのではなく、
少し無理な価格を提案します。


す ると、自分が希望する金額に落ち着くことが
出来る場合が多いです。


最初から狙っている金額で交渉し始めると、
お互いに妥協した金額に落ち着き、
勝つことが 出来ません。


相手の要求を100%間に受けないことです。


成果は最大限にするつもりで交渉を行い、
結局、自 分も相手も納得する状態を作り出すことが出来ま す。


会話術

サービス会社で比較する