巧みな話術とは

主導権は自分が握る

巧みな話術とは、話術など一切使っていない
ように見せて実は、色んなロ ジックを含んでいる
ということを感じ させないことです。


「あ なたと話していると
何 故か何でも話せてしまうんだよね。」
言われるような話し方をすることです。


まず、相手の話を聞き出すため に、
ゆっくりとした会話を心がけます。


早口でしゃべると相手に
話す隙を与えないことになります。


相手の話を引き出すと共に、相手の話には
否定をせずに肯定 して「あなたの意見を尊重しま す」
という態度を 取りましょう。


基本的に相手に沢山話してもらい
会話を引き出すのですが、あくまで主導権は
自 分が握るように 会話の流れを作ります。


自分が会話を支配しているとは、
全く相手に気が付かせずに、相手を心地よくさせて、
クロージングの際に、「イエス」と言ってもらえ るような
人間関係を作っていくの が、巧みな話術です。


巧みな話術とは相手をだますのでは無く、
誠実な態度で接し、信頼を得て 相手の役に立つ
話を沢山盛り込 めるような会話を言います。


相手の役に立つような情報を常に持ち、
引き出しを増やしていきましょう。


相手の役に立つことが結局は、
自分に何倍にもなって跳 ね返ってくるのです。


会話術

サービス会社で比較する