話術とは

相手のタイプの見極め


話術とは、話をする技術のことである。

巧みな話術を持っている方が
コ ミュニケーションを取るときに断然有利であ る。


話術が巧みな人と話をしていると
知らず知らずのうちに相手のペースに
引き込まれてその人に好感を持っている
ということがあります。


逆に話術のことは何 も考えずに話す人は、
相手を楽しませようとしていな いので、
ダラダラと取り留めの無い話を続けて、
結局何が言いたいんだろうと相手を
イ ライラさせてしまう でしょう。


話術とは、けっして自分だけが饒舌に話して
相手を面白がせることを言うのではありません。


むしろ、相手の話を上手に聞いて、
興味が似ていると感 じた部分を引き出して
会話に取り入れて会話のキャッチボールを
することです。


いくら話題豊富でも一方的に話していたのでは、
相手は内心、退屈に感じます し、逆に相手
に相槌を打つばかりで自分のことを全く話さない人も
やはり退屈に感じるでしょう。


相手がどんなタイプなのかを見 極めるのも大切です。


例として 目上の人で自分の話を聞いて欲しい
というタイプだった場合、相手に話させて
上手に持ち上げると気分が良くなります。


部下や年下の場合は、自分が色々
教えて あげることで喜ぶタイプもいるでしょう。


相手のタイプの見極めが話術にとって一番大切です。


会話術

サービス会社で比較する